とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光発電】野立て太陽光発電PJ始動

どうも!ベカンです。

H30年6月より計画していた野立て太陽光発電PJが

ようやく始動前に進むことになった。

 

予定では去年11月には施工可能だった筈だが、

下記理由で大幅遅延。

平成最後にギリギリに話が纏まった次第。

・業者が他顧客のFIT18円取得を優先。

・太陽光パネル(JINCO Solar)品薄。

・地主との交渉難航

 

当初4箇所あった計画だったが・・・

業者が見つけてきた山林・農地4箇所と交渉。

うち1件は地主が実需向けに土地売却に転身。

さらにもう1件は農転許可が降りず取下げ。

結果、2箇所しか残らなかった。

 

【太陽光①】

総額1680万円

年間売電収入187万円

表面利回り11.12%

実質利回り  8.38%

 

【太陽光②】

総額1867万円

年間売電収入209万円

表面利回り11.21%

実質利回り  7.80%

 

投資判断に悩む・・・

この利回りが高いか低いか?

基準がよくわからない(おいw

よく「複数業者に相見積り」と助言あるが、

本件は業者が全部交渉しパッケージ化した「商品」

他社の介入余地ないため見積もり自体取れない。

勤務先銀行の取引先(太陽光業者)に

無償で聞いてみるしかない。

相手に取って何もメリットないが・・・。

 

インフラファンドとの比較

「不動産投資 VS リート」の議論と同じように、

「太陽光売電 VS インフラファンド」比較も重要。

 

                  インフラファンド                本件太陽光

利回り面           5〜7%程                   ①8.38% ②7.8%

運用面                 なし                           すべて自分

融資面                 なし                                あり

リスク面              あり                           大きくあり

税金操作           ほぼなし                       大きくあり       

現物資産              なし                             ややあり

価格妥当性           あり                             ややあり

 

本件太陽光は自分で運営・管理を行い、

リスクを全面に請け負う割には、

利回りが少ない気がする。

 

土地購入するので現物資産が残る点は、

場所が良くないので逆に重荷にすらなる。

不動産投資と一緒で、出口戦略は重要。

あと株式市場と違って不動産は価格が不透明。

色々リスクを考えて利回り10%は欲しいところだ

 

ただし融資でレバレッチ掛けることが可能で、

税制面で利益調整しやすい点はメリット。

 

・自分でオペレーションする自信がない

・大きな借金をするのが怖い

こんな人はインフラファンド選択必須。

私は自信がある訳でなはいが挑戦してみたい。

 

まだまだ交渉続く

価格交渉やシミュレーション・見積もり妥当性検証等

やることはまだまだ多い。

このGWに細かく詰めていきたいと思う。

ではでは ノシ