とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【太陽光】太陽光発電は本当に儲かるか?設置直前で判った低利回り

 

不動産投資物件1号君の屋根上に、

太陽光500万円設置計画が工事開始!

思えば去年の4月から検討して約10ヶ月。

ここまで来るのに長かった!

 

対象の過去記事

bekan13.hatenablog.com

 

【スケジュール】

1月23日〜1月31日  屋根上のトップコート(防水塗装)

2月  1日〜2月10日  太陽光パネル設置・電気工事

2月12日                   撤収

 

もの凄く早いと思いませんか!?

この工期スケジュール表もらった時は驚きました。

なんせ、太陽光をやると決めてから、ここまで来るのに・・・

 

 

・太陽光売電の検討                                                         2ヶ月

・太陽光設置の現地調査・見積り                                   1ヶ月

・値段交渉・再見積り                                                     1ヶ月

経済産業省認定取得( FIT申請)                                 3ヶ月

・経営力向上計画申請(公庫金利引下げ)                     1ヶ月

・公庫借入交渉                                                                2ヶ月

・経営力向上計画申請(償却資産税1/2)                      現在進行

 

こんなにやることが多かった!

そして着工まで10ヶ月も掛かった!

 

 

 

【収支シミュレーション】

 

太陽光パネル設置(パネル72枚・Qセルズ) 500万円

屋根防水塗装                                                     42万円

合計                                                                  542万円・・・①

 

年間売電収入(20年間平均)                            43万円・・・②

 

表面利回り①÷②                                                 7.93%

 

当初、屋根防水塗装を予定してなかったので、

表面利回り低下(8.6%⇨7.93%)

パネルを敷き詰めると、その屋根下の防水塗装は、

パネルを一度外さないと出来ず、非常にお金が掛かるとのこと。

固定買取期間20年は、設置したままにするので、

利回りは落ちるが、しょうがない出費と思い断行。

 

 

【実質利回りシミュレーション】

ただ表面利回りだけ見ると悪くない投資に見えるが、

実質利回り、キャッシュフローの観点から考えると、

非常に悪い!

 

売電収入                                                            43万円

公庫返済(500万円 1.5% 15年)                  ▲38万円

償却資産税(6年で終了・平均)                   ▲  3万円

メーター電気代                                              ▲  1万円

手残り                                                                  1万円 !?

 

なんと実質利回り0.18%!!

わたしは楽天銀行普通預金レート0.1%の適用を受けている。

普通預金とほぼ変わらない投資だが、相応のリスクを背負うので割り合わないぁ。

 

【メリット】

・太陽が消滅しない限り、パネル寿命まで発電収入を得ることが出来る。

・パネルが熱吸収してアパート室内温度を下げる

・20年間も固定金額(18円/1kW)で電力を買い取ってくれる。

・償却資産税の一部免除、公庫借入金利の割引が可能

 

【デメリット】

・利回りが低い

・限りある融資枠消費

・資産性がない(債務超過になりやすい)

 

 

野立て太陽光売電も検討中

まあ、利回りはすこぶる低いことが判明した訳だが、

去年11月に、野立て太陽光発電の認定(18円)を3箇所も通してある。

正確な見積りは出てないが一機2,000万円で6,000万円かな?

 

安定収入とは言え、キャッシュフローが出ない案件に、

貴重な融資枠をほぼ持ってかれる事を考えると、

築古アパートを買った方が良いのではないか?

 

良いアパート物件があったら、そちらを優先して、

無ければ太陽光にフルスイングすることにしよう。

 

 

ただ、今回の太陽光案件でキャッシュフロー

ここまで低いのは、公庫が借入条件を間違えて融資したこともある。

公庫の適当さに正直がっかりした事象だ。

この話は、次回以降の記事に譲ろう。

 

ではでは ノシ