とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【社畜】会社で頑張ってもお金はもらえない

どうも!bekan13だ!

12月と言えば!社畜の唯一の楽しみイベント!

そう!ボーナス支給だ!

 

実はわたくし!

今期、著しく優秀な成績を収めて

過去最高の評価をしていただいたのだ!

この評価をもらう人間は全体の2~3%しかいない!

 

「どれだけボーナス増えるんだろう???」

そして待ちに待った支給日を迎え、金額を確認!

 

・・・そして悲劇は起こった。

 

 

 

 

支給額はたいして変わらない

まあ、タイトルからお察しの通りだが、

ほとんど支給額が変わらない!!!!

支給額は4万円程増えていただけだ。

人を馬鹿にするのもいい加減にして欲しいものだ!

 

後述するが、この評価を得るために行った努力と

あまりにも釣り合わない金額だ。

 

 

最高の評価を受けるまでの道のり

わたしは銀行員。

銀行のノルマは大体3つ

①融資(事業性貸出・消費性ローン)

②資産運用(投資信託・保険)

③基盤項目(クレジット等)

 

訳あってわたしは、島流しコースに入ってしまい、地方の小さな支店に配属。

配属先に困る定年間際のおじさん・おばさん達の終焉の地として、

使われることが多い店舗だ。そのため、従業員は基本やる気はなく、

20~30代の優秀な若手はもちろんいない。

 

そんな中、昇進したばかりの支店長が

力試しの場として赴任する店舗でもあるため、

支店長だけはやる気に満ちている。

 

ただ、支店長がいくら頑張っても、

周りは定年まで事故無く平和に暮らしたい人達。

終わりも見えているからノルマ達成意欲もない。

そう。わたしを除いては・・・。

 

わたしについては、

とんでもない人数の来店客を捌き、日常業務・事務をこなしながら、

住宅ローンの借換えのため訪問活動を永遠と繰り返す。

断られては凹み、気を取り直して再アタックを繰り返す。

 

新築獲得のため休日は業者のセミナーに参加したり、

日頃から定例訪問を行い、顧客紹介を受けるルート確立。

 

他の金融機関がしかけてくる借換提案を跳ね返すため

既存顧客のメンテナンスも欠かせない。

 

さらにクレジットカードだの口座開設などの基盤項目も獲得しながら、

保険や投資信託もついでに勧誘。

 

基本、支店長を除いては誰も実績を上げないため、

「自分=支店の実績」となり一人で支店目標を達成させたに等しい。

小さい支店とはいえ一人で支店目標を達成するのは非常に困難だ。

プライベートもある程度、仕事に振り向ける必要がある。

 

そんな自分を認めてくれて支店長は

わたしに「最高」の評価をくれた訳だ。

 

だがしかし!わたしの努力に対して

会社が増額したボーナスはたったの4万円!

割に合わないにも程がある!

 

 

極めつけの年功序列

優秀な若手をさらに追い詰める日本企業の悪習。

そう!年功序列制度だ!

うちの銀行も、これに関しては大分改善してきているが、

その影響は色濃く残っている。

 

これだけわたしが最高の評価を得ても、

先程のやる気のないおっさん・おばさん達と比較して、

わたしの給料水準は半分程である。

営業・事務ともにわたしの方が上回っていても、

上司がやれない(出来ない)ことを全部やってあげても、

わたしの給料は上司の半分程度なのだ。

 

さらに上司は歳のせいにして仕事がゆっくりだ。

仕事効率も悪くわたしの倍は時間外労働をする。

さらに給料水準の格差は広がる一方だ。

 

じゃあ、わたしも程々に定年まで頑張って、

この使えない上司達みたいに楽して高年収になれるか?

いや!なれない。

人事制度も見直され「成果主義」にシフトしつつある。

今後はダラダラ勤め人をしても出世も厳しいハードモードに変わる。

この現実に絶望して毎年新入社員が2~3年で半分近くまで減るのである。

 

 

会社で頑張っても儲からない

これは資本主義の本質であるかもしれない。

わたしは今期、収益額としては年収の2~3倍は稼いだはずだが、

ボーナス支給額で増えたのは4万円・・・。

わたしが身を粉にして働いて収益を上げても、

全部会社の儲けであり、わたしには還元されない。

なんて酷い世の中じゃ!!

 

 

 

もう自分で稼ごう!

上記のように、ダメな上司に代わり自分が奮闘して、

会社にいくら貢献しようと、ほとんど見返りがない。

 

それだったら、自分が事業を立ち上げ、

頑張った方がよっぽど良いではないか!?

この思いが、このブログ開始のきっかけでもあるが、

今回の件を踏まえて、さらにその思いは強くなった!

 

ただ注意すべき点は、ノープランで会社を飛び出し、事業を立ち上げ、

経営者としてフルコミットすることは非常に危険だと思っている。

そして現在も尚、自分の中で経営者としての生きていく道筋は見えていない。

 

 

勤め人 + α で生きていく

そして自分が考え出した選択が、勤め人として安定した収入を得ながら

金融商品・不動産等に投資して副収入を拡大していくことだ。

多忙な日々を過ごしている私達ビジネスパーソンは、

片手間で(あるいはアウトソーシングで)できる副収入源を確立したい。

 

なのでわたしの運用スタイルは・・・

①毎月一定額の積立型商品。

②不動産投資

が主軸となったのである。

 

積立型の金融商品は、毎月一定額をひたすら積み立てるだけ。

不動産は少し大変だが、管理会社に丸投げで安定した家賃収入を獲得。

 

これは副収入を得る手段としてもごく一部であり、

もっともっと知識を広げ、新たな副収入源を確立していきたい。

読者の諸君も、わたしと一緒に「脱社畜」を目指して

副収入源を増加させていこうではないか!

いづれ、副収入が本業収入を超える日が来るであろう!

 

 

今日はこのへんで終わりとしよう

ではでは ノシ