とある銀行員の超投資砲

金融系男子30代 節約&投資で経済的自由を目指す奮闘記。あらゆる投資にチャレンジ(不動産・株・FX・仮想通貨・ソーシャルレンディング)

【社畜】脱!社畜の誓い!

グッドイブニング!bekan13だ!

 

このブログは、理不尽極まりない勤め人生活から早く脱出するため、

資産運用で財政基盤を作りセミリタイアを果たし、

悠々自適な生活を送ることを目標としている。

 

サラリーマン生活が如何に不毛か?

を議論していき、自分のセミリタイアに対しての

モチベーション維持に繋げていきたい。

 

 

それってただの愚痴じゃないの?

ぐっ!!痛いところをついてくる読者がいるようだ!

正直、その感は否めない!

 

しかし!

では、会社がわたし達サラリーマンに求めてくる業務は

本当に給料に見合ったものなのか?

はなはだ疑問である。

 

日本人は特にその傾向があるのだが、

「汗水垂らして労働して会社に尽くす」ことを美徳としているが、

いまのご時世、検討違いである。

 

 

会社に尽くした先には、自分への見返りは多少あるだけで、

その会社オーナーの私腹を肥やすだけである。

これが資本主義の正体だ!

 

そこに疑問を持たず、ただただ不当な低賃金で働かされている人々が

この世には沢山いる。

そんな人達のために、このカテゴリー「社畜」を立ち上げ、

ブログで紹介していき、セミリタイアの同胞を募ろうという訳だ。

そんな気持ちで、これから自分に起こったことを記事にしていく予定だ。

 

 

 

給料に見合わない不当な仕打ち

わたしは銀行員になって10年以上経過した。

入行当初は、右も左もわからない、しょうもない新人であったが、

10年も務めれば、もう中核を担う存在になる。

(※銀行は入社ではなく入「行」と言う)

 

そしてどの企業もそうだが、バブルで楽々生きてきた定年間近の世代が多く、

働き盛りで収益を上げてくる20~30代におんぶにだっこ。

大変な仕事は若手にやらせ、バブル世代は何かに理由をつけ仕事から逃げる。

それでいて給料は倍もらう。こんな理不尽はない。

 

 

 

銀行の労働環境

大体銀行では信金を除いて、役職に就くと年収1000万円プレーヤーになれる。

わたしは少し遠回りをしているため、まだそこの領域には至ってないが、

同期には既に到達している人間もいる。順当にいけば30代前半ってところか?

 

そして、このクラスには仕事をしない(もしくは出来ない)

バブルおっさんズの生息地である。

 

いまは人事制度もだいぶ変わったが、昔は「年功序列」が強く、

仕事ができない人でも、ある程度は出世して簡単に年収1000万円になれた。

そして、たいして仕事もしていない。

 

その姿を見て、若手行員は「将来自分も上司みたいに楽して稼げる!」と

モチベーションを保ち、年収300万円でも歯を食いしばって頑張ってきた。

 

ただし!そんな甘い時代も終わりだ!

日銀のマイナス金利を起因とした超超低金利時代に突入。

銀行も貸出利息収支が激減し、高収入ダメおっさんズを養い切れない。

 

労働組合の手前、お堅い銀行ではおっさんズを首にもできず。

年収1000万円越えのダメダメおっさんズを買い殺すしかない。

そのツケは全部20~30代の稼ぎ頭達に容赦なく降りかかる。

 

ただでさえ、銀行は業務内容が複雑になって仕事が大変になった。

生半可な知識・体力では業務遂行できない。

・保険に投資信託、仕組債、デリバティブ等の金融商品販売。

・個人向けローン・クレジットカード、積立預金、年金等のリテール営業。

・法人向け事業性貸出、各種業種への幅広い知識

・事業承継・相続対策等の提案(M&A含む)

これに加え目標をやり切る気持ち、あらゆる顧客に臨機応変に対応する折衝力、

顧客・銀行等のステークホルダー達に板挟みに耐える胆力 etc

 

むかしは預金を集め、融資をしてればよかった。

融資先を見つけるのも、いまでは一苦労だが、

むしろ向こうから「貸してくれ!」と言い寄ってくる需要過多な時代。

 

もちろん、殿様商売して勤めてきたおっさんズは、

プライドは高いが、営業はできない。

総合職で営業ノルマも貼られているのに、

実質事務職的な役割しか出来ず。

支店長から飛び交う怒号。神妙な顔をしてその場凌ぎ。

結局、体力も知識もある優秀な若手行員が、上司の分まで仕事をする羽目に!

 

 これが銀行の労働環境だ。

・優秀な奴は、次から次へと業務を回され死亡

・ダメな奴は、達成できないノルマや上司の怒号に潰され死亡

結局、「死」しかない。

 

 

 脱!社畜のすゝめ

わたしは、何も志しなく大学に入り、適当に受かった先へ就職した。

新入行員の時は、能力も低く、やる気もいまいちだったため、

いやいやながらも、自分を育てて養ってくれる銀行に疑問は抱かなかった。

 

だが!10年以上経ち、相応の能力を身に着けた今では、

今度は完全に「育て」「養う」側になってしまった。

 

しかも「育て」「養う」相手は、部下だけではない。

お荷物上司もセットのダブルバーガー状態!

マクドナルドもびっくり!地獄のバリューセットである!

 

金融商品・不動産投資等で、給料以外の稼ぎを手に入れ、

この理不尽な世界から一刻も抜け出す。これに尽きる。

 

これをもって「脱社畜の誓い」とし、

節制・投資にいそしみ、モチベーション高く活動していきたい。